スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スカイリム読破 - その2 商売の才覚


どうもこんにちは。

一度で終わらず、二度目の記事が書けることに
自分でも安心を覚えています。

Jiro(二郎)のその後の行動ですが、

拷問官の部屋からハドバルと淡々と脱出し、

ハドバル_コール

ハドバル、今なんて?マシ……?
そうだ、そのうちにスカイリムであれを。。。。おっと、この企画はまたそのうちやります。

でもそもそもマシマシじゃない場合はマシって言ってる人少ないですよね。
コールで伝えたら、マシって言わなくてもそれがマシの意味ですから。

熊、殴殺

はい、話を変えたかったので突然の写真です。
カジートの殴り、強すぎです。レベルが上がっていったときにバランスがどうなるか。
とりあえずはNORMALのまま続けましょう。

 さて、晴れて洞窟を出たわけですが、このままリバーウッドまで二人で競走してても
いつものスカイリムだしなぁと思ったので、メインクエストをガン無視してリフテンに向かうことにしました。

リフテンを目指して

忘れてはならないのは今回、FT使用禁止(馬車も)なので歩いていくしかないんです今は。
それで、ルート的にはあまり歩いたことないんですが、写真の左下から右上までハイフロスガーの真南に
当たるところを抜けられたような。。。ぐらいの気持ちでそっちから行くことにしました。


ヘルゲン、再び

なんのために砦の地下を通って逃げたのかと、疑問に思うほどに洞窟のすぐ右後ろにヘルゲンがありました。
すると、


頼りない案内板

ちゃんとリフテン(Riften)って書いてあったんですよ。写真だと見づらいですけど、
一番上の板に書いてありました。進みましょう!



襲われたキャラバン発見_カジート

キャラバンが、襲われてました。しかも死体を確認するとJiroの同族カジート。
許せねえ、こんなスカイリム、あっちゃならねえ。

あ、山賊来た。


山賊から隠密

一旦。一旦隠れよう?出来たら死にたくないし。そういう縛りでやってないけど。
そしてタイミングを見計らって、敵NPCが全て無印の"山賊"だと分かった瞬間、


山賊、ジェンガ

一躍この惨劇の主役になりました。

せっかくなんで馬車の中でも一応覗いて見ますか。

まさかの本まで発見

そうです。FTせずにいれば、ランダムイベントに会うだけでなく、おまけに本にも出会える。
本も人も、出会いですよね。本当なら名前と金額で、一発でスキル書だと分かりますし、
話術を上げてもしょうがないんですけど、これが読破プレイの醍醐味だと思って、なんでも
拾って読みたいと思います。(のちのち選定はする時が来ると思いますが)

あと、一緒に宝箱も見つけたので、そちらも先にお見せします。

キャラバン、宝箱

カジートキャラバンの方々、ありがとうございます。重装が欲しかったんです。
これで、重装レベルが上げられます。

はい、話を戻しまして、今回拾った本、"商売の才覚"です。

どうぞ。


引用



商売の才覚

アババエル・ティムサーダディサン



 とても多くの人がただ単純に、必要なものを表示されている価格で購入している。
それは実に悲しい事態である。商売はすべての人に対して広く開かれているものであり、
招待状も必要ない。それが商売というものであり、交渉のゲームでもある。しかしそれは
真剣に遊ぶゲームでもある。さらに付け加えると、「丁寧に」だ。エルスウェーアでは、
店主が物を買ってくれそうな客にお茶や砂糖菓子を提供したり、商売を始める前に
きちんと会話をするのは普通なことである。この著しく文明化された伝統は、
実用的な目的を持ち、買い物客は販売商品をじっくりと観察することができる。
買い物客側にそうする義務があるわけではないが、受け入れないのは不作法ともとれる。

 この特殊な商慣習が文化として根付いているかどうかに関係なく、店主と買い物客が
お互いに笑顔と暖かい言葉をもって挨拶をすることは賢明である。ちょうど、
戦いを始める前にグラディエーターがする敬礼のように。

 交渉はタムリエル全土にわたって行われていることであるが、もし買い手の
提示する額があまりにもばかげたものであれば、それは店主を侮辱することになり、
ゲームは終わってしまう。もし、商品が10ゴールドで売り出されていたら、
6ゴールドの値を付けてみて、どのあたりで折り合えるか様子を見る。

 非常に興味のあるふりをしてはいけないし、商品の質をバカにしてもいけない。
たとえそれ相応のものであってもだ。細工品の質の高さに感嘆したとしても、
非常に残念そうにしながら、ただその額では買えないと言うほうがいい。
店主はあなたの趣味を誉め、ニッコリと笑いながらも、あなたのお世辞に抗おうとする。

 ほとんどのゲームの勝敗は、店主たちのタイプを判定できるかにかかっている。
「田舎の商人は無知だから簡単にだませる」、「強欲な都市の商売人の売る商品は偽物」
などと型にはめて見てはいけない。また、キャラバンは買い物にも取引にも
向いていると言っておく。

 何を、どんな人物から買おうとしているかを知る才能は、何年も実践を重ねた結果
もたらされるものである。店に入る前にその地域や商人の特質を知るべきである。その地域特有の
先入観も知っておくべきだ。たとえば、私の出身地であるモロウウィンドではアルゴニアンは確実に
疑念のまなざしで見られている。もし、店内を回るあなたの周りに店主がくっついてきて、
自分が万引きするのではないかと見られているようであっても驚かず、侮辱されたと思わないことだ。
同じく、ノルドやブレトン、そしてシロディールも、サマーセット島では時折商人に冷たくあしらわれることがある。
もちろん、どこの場所のどんな店主がどれだけ広い心の持ち主であっても、
カジートやボズマーが店に入る時は警戒心を示すであろう。たとえ店主自身がカジートやボズマーであってもだ。

 もし、本当に気に入った物や必要な物が見つかれば、その場で、自分の買える最高の値段で買うべきだ。
他の大きな街ではもっと手ごろな価格で手に入れられるかもしれないと思い、
私はまれにみる興味深い品々を何度逃してきただろうか。自分が間違っていたと気づく頃には
時すでに遅しで、1週間後、店に戻ってみてみると欲しかったその商品は消えているのだ。
適正価格で買ったものが、もう一度見かけた時にはとても買えないようなさらに高い価格で
売られていることがある。時には衝動買いが最高の作戦となる。

 ゲームの動きを察知できるようになれば、勝利は誰もが得られるものになる。



はい、今回は全文載せることが出来ました。

理由としては、割と、筆者自身としては楽しく読めたからってのもありますね。
なので、記事を一度上げてみてから、途中で一部が"(中略)"に変わっているかもしれないですが、
あしからず!では、本に触れていきましょう。

まず、そんなに気にはならなかったですけど、出版年月日は記載がなかったです。
そして次に思ったのが、著者の種族はなんなのかが気になりましたね。
スカイリムはノルドがものすごく差別が激しい人種だとは思ってますけど、
カジートやアルゴニアンに対しては、どの種族も割と差別的な態度を
取ってきますよね。(なんだ猫、なんだトカゲ、など)

そういった境遇のカジートキャラバン(今は傍らで死んでいる)が
商売のバイブルとして読んでいたであろうこの本の著者は果たしてカジートなのか否か。
出身がモロウウィンドと書いてあったのを見ると、考えづらいけど断定はできませんよね。

しかしまあ、個人的に本の内容が面白かったです。

非常に残念そうにしながら、ただその額では買えないと言うほうがいい。
店主はあなたの趣味を誉め、ニッコリと笑いながらも、あなたのお世辞に抗おうとする。

洋ゲーならではのジョークのノリな気がします。

そして、意外だったのは、カジートとボズマーが同じ括りにされて、店側が泥棒の疑いを
向けているという種族へのイメージ。カジートだけだったらスカイリムプレイしていたら
分かるのですが、ボズマーもそういったイメージなんですね。

(確かにエルスウェーアとヴァレンウッドって隣だけど、それは無関係か)

 でも、現実世界でもスカイリムのプレイにおいても、学ぶことが書いてあるなぁと感じました。
今回のプレイはFT禁止なので、一度町に来てそこで買うかどうかを決めあぐねていると、
次の町には当然、歩いて行きますから、商品もなくなってしまいますよね。

これからの旅について、良い助言となりそうな、そんな一冊でした。

最後に、装備画像です。

スカイリム読破その2_装備

鉄の鎧が手に入ったので早速装備したんですけど、
鎧一つで結構見た目変わりましたねー。
ところで、拳闘士って、体力とスタミナにどういうバランスで成長させるんだろう……。


以上です。お疲れさまでした!


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


Bethesda Softworks
引用した書物は Bethesda Softworks が制作・所有し、Bethesda Softworks に著作権がある
The Elder Scrolls
シリーズのビデオゲームやウェブサイトからのものです。



スポンサーサイト

Comment

こゆき | URL | 2017.06.18 21:32
やはりカジートはカッコいいですね!!
ノルド女でプレイしてますが、カジートと結婚したい……

ごりマッチョなカジート大好きです。
ピッツァ太郎 | URL | 2017.06.18 23:08
>>こゆきさん

筆者です。
わざわざコメントありがとうございますー!

結婚出来るカジートってバニラだといないんですっけね?

僕自身もキャラが拳闘士なのに
体型もちょい太だったので後悔してます(笑)

ツイート見ましたけどメイキングお上手なんですね、本当に美人でした!
また、更新していくので見に来て下さい!
Comment Form
公開設定

カテゴリ
プロフィール

ピッツァ太郎

Author:ピッツァ太郎
累計閲覧者数

最新記事
Twitter
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。