スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スカイリム読破 - その1 ドラゴンボーンの書


さて、スカイリム読破の第1回目となりました。

先ずは、この企画に名乗り出てくれた方を紹介します。



名前、迷ったんですけど、挙げ句に筆者がラーメン二郎が好きなのでJiroにしました。スカイリムの中にも麺増しの募金箱があれば募金しようと思います。

さておき、カジートで拳闘士プレイ、スカイリム上級者の方からしたら甘いですよね。でも、いざ始めようと考えると、途中で詰まってしまっては読破どころではなくなってしまうので、悪しからず。。(メインはあくまで読破。。!)

話を戻しますね。ヘルゲンのドラゴンから逃げて、最後のハドバル(帝国軍)かレイロフ(ストームクローク)かというおなじみのフィーリングカップルでは、なんとなくハドバルへ。(今回のプレイ、内乱クエストやるのかな)



そうそう、今回の制限要素です。宝箱以外からは、本以外の拾得禁止なので、上の画像はOKです。武器や軽装は使わないので小銭にします。

RP_追い剥ぎ禁止

追い剥ぎはもちろん、





樽の中身も禁止です。

カジートの殴り(ひっかき)の強さに驚きながら
拷問部屋へきたところで、記念すべき1冊目の登場。゙ドラゴンボーンの書゙です。今までプレイしてて、本当に中身を読んだことがなかったです。




僕以外にも未読プレイヤーの方、結構いらっしゃると思うんですけどね。あ、根拠はないです。

とにかく、手に取ってみましょう!


引用



ドラゴンボーンの書

タロスの教団
ウェイノン修道院
エメレネ・マドリン院長

第三紀360年
国王陛下ペラギウス4世
在位21年目

 多くの人は"ドラゴンボーン"という言葉を聞いた事があるだろう。
我々を統治しているのはもちろん"ドラゴンボーンの皇帝"だ。しかし
この言葉の本当の意味は広く知られていない。タロスの教団に属する者に
とってこれは大切且つ重要な事であるため、この本ではこれまでドラゴンボーンとして
知られてきた者達の歴史とその意味について焦点を当てていきたいと思う。
 大多数の学者はこの言葉が初めて使われるようになったのは、祝福を受けた
聖アレッシアに王者のアミュレットが与えられ、最高神の神殿で初めてドラゴンファイアが
灯されたアカトシュとの約束に関連している認めている。
「アカトシュは人間の窮状を気の毒に思い、自分の心臓から血を取り出し、その竜の血脈を使って
聖アレッシアを祝福した。(中略)」
このようにして"竜の血脈"をもってアカトシュに祝福された者は、
ドラゴンボーンとしてより広く知られるようになった。(中略)
竜の血脈を継ぐ者だけが、王者のアミュレットを身に着け、ドラゴンファイアを灯す事ができた。
帝国の正当な指導者、すなわちアレッシアが建国したシロディール帝国の皇帝と女帝、
レマン・シロディールとその後継者達、そしてもちろんタイバー・セプティムとその後継者達から現皇帝の
国王陛下ペラギウス・セプティム4世までもが皆、ドラゴンボーンである。(中略)
ドラゴンボーンのその他の意味は薄れてしまい、(中略)
我々のような者や学者を除いて、ほとんどの者の記憶からその意味は忘れ去られてしまった。
また、ドラゴンボーンは単なる世襲制の問題ではないと知る者はとても少ない--その対象
がなぜアカトシュの祝福を受けた者なのか、(中略)身に着けているアミュレット、そして
ドラゴンファイアの灯がその証拠である。しかしその証拠は、彼らがドラゴンボーンであるからなのか、
それとも、アカトシュの祝福が舞い降りてきた兆しに由来するのか。(中略)神秘的な謎である。
(中略)
 最後に、ドラゴンボーンであるという事の真の意味について考えよう。(中略)
ノルドは、偉大なドラゴンスレイヤーだったドラゴンボーンの英雄について語っている。彼ら英雄は
倒したドラゴンから力を奪い取る事ができた。事実、侵略の際にアカヴィリがドラゴンを
見つけ出して倒したことは良く知られており、(中略)その行為は続けられていた証拠がある。
(中略)
元々は、星霜の書に書いてあったと言われている(中略)解読を試みた人間も多く、
また予言は現実となって"最後のドラゴンボーン"降臨は目前に迫っていると信じている者も多い。
(中略)
世界を喰らう者は目を覚まし、運命の紡ぎ車が最後のドラゴンボーンに向けられる。



こんな感じです。

長い。

読み応えありすぎて、これは全てをお伝えするのは無理だと判断しました。
スカイリム読破ブログでは、書物の一部を抜粋し、それとなくスカイリムについて知った気になれる要素を
つまみ食い程度にお伝えしていくことにします。

この本を一目見て思ったのは、スカイリム(Skyrim)の舞台は、年号で言うと、第四紀201年で始まるんです。
このドラゴンボーンの書は第三紀360年。

前作のTES_IV オブリビオン(Ovlivion) は第三紀の433年、そう考えるとかなり古い書物ですよね。第三紀が
何年まで続いたかもよく知りませんが、少なくとも200年以上前に書かれた本ってことになるんですよ。
まだまだ古い書物が出てくるとは思いますけど、初っ端からかましてくれますね。

それにしても、この帝国軍の拷問部屋に、なぜこんなものがあるのかと、少し考えてみたんですが
本のすぐそばにリュックがあったりなど、一見拷問官の持ち物っぽく見えますけど、
帝国軍がタロスについて書かれている本を持っているものだろうか……?など疑問が募ります。
おそらくは、ストームクロークの持ち物か、檻の中で死んでいる魔導士の持ち物か、
はたまた誰か過去の拷問の被害者か、そこまで行くと、今度はそんな本を残しておくことが違和感を生む。

まあ、ゲームの序盤だから、
そっとドラゴンボーンという単語を知らせておきたかったんだと思います……。

ちゃんと本の内容にも触れますよ!

まず、スカイリムを何度かプレイしていても、知らない単語続出でした。(筆者はスカイリムがTES初です)
なので、単語の補足を交えつつ、書いていきますね。

「聖アレッシア」 誰やねん。と思って調べたところ、シロディールの最初の皇帝、そして八大神信仰の創設者でもあるそうです。
す、すごいお方だった。
そしてアカトシュ。彼はエイドラ九大神における、時を司る竜神のようです。
全てのドラゴンの父という存在であり、信仰の対象ともなっているそうですが、
物語の冒頭で襲い掛かってきたアルドゥインの父であることも相違ありません。
うーん、どうしたものか……。
つまり、聖アレッシアを初めとして、そこから代々ドラゴンボーンが一族として続いたんですね。

そして、ドラゴンボーンは、ドラゴンを倒すとその力を奪い取るという。
これはもう、スカイリムを何周かプレイしているので、いいでしょう。

しかもどうやら、最後のドラゴンボーン降臨が目前に迫っているんですって(他人事)
でもこれ、200年も前の書物か。そっか。

アカヴィリ?はい、なんのことかよく分かっておりません。
しかし、これら全てをネットで調べてしまうのは、記事を書きながら勿体ない気がしたので、
そういったわからない単語達も、スカイリム内の書物で意味を知ることが出来れば
この”スカイリムを読破する”意味でのカタルシスではないでしょうか!!!

っと、熱くいい感じのことが言えたので最後に装備を披露します。



無闇にレベルが上がると吸血鬼が襲ってきてしまうので、
とりあえず、重装が手に入るまでは布類で過ごします。

では、また次の記事で会いましょう!

お疲れ様でした!


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


Bethesda Softworks
引用した書物は Bethesda Softworks が制作・所有し、Bethesda Softworks に著作権がある
The Elder Scrolls
シリーズのビデオゲームやウェブサイトからのものです。


スポンサーサイト

Comment

こゆき | URL | 2017.06.20 00:23
自分もスカイリムはⅤを最初にプレイし、前作のオブリビオンを盗賊ギルドだけ触ったくらいですが、本は集めはするけど読んだことなかったです。

興味沸いてきましたので、記事を楽しみにしつつ自分も本を収集することにしました。

キャラメイクは、なん十回繰り返してコツをつかんだ感じです。顔と体の色が違うので、結構苦労します。

でも、カジートプレイもしたくて隠密弓専門のごりマッチョ作りました。
かっこよすぎてこっちがメインになりつつあります(笑)

更新楽しみにしています!


ピッツァ太郎 | URL | 2017.06.20 09:49
コメントありがとうございます。

オブリビオンにも盗賊ギルドがあるんですね!全然知りませんでした。
そうですよね、本って僕もスキル書を開いてそっ閉じしてましたし、クエストで拾う日記や手紙くらいしか読んでなかったんです。

興味を持っていただけるなんて、とてもありがたいです。
なるほど、ほんとに自分がキャラメイクの意識が低かったかがわかります。

隠密弓いいですね!僕もスカイリム初期プレイが隠密弓です、ボズマーでしたが(笑)
なるべくお待たせしないように更新頑張ります!
Comment Form
公開設定

カテゴリ
プロフィール

ピッツァ太郎

Author:ピッツァ太郎
累計閲覧者数

最新記事
Twitter
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。